読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ktdiskのブログ

読んだ本の感想、所々の雑感、日々のあれこれを綴るブログ。

"理系ナスダック"は"ぷちナイス"GEを上回ることができるのか

Internet Trend

私なりに言いかえるとこれは、文系を排除した理想のナスダック、つまり「理系ナスダック」である
内部に対しては「愚図愚図してると『理系ナスダック』で外部から調達しちゃうぞ!」というプレッシャーを与え、外部に対しては「自分のサービスに自信があるツワモノは、(上場基準や審査スピードがよりハッカー向きになっている)我が社の『理系ナスダック』でEXITしませんか」という勧誘になっている。
ようつべ買収はグーグルの世界政府β版=日本政府2.0への序曲

公開株式市場かの如く、多岐にわたる事業を保持し、Googleの20倍以上 *1時価総額を誇るすさまじい会社がある。ジェフリー・イメルト率いるGEだ。IBMと並び10年間時価総額ランキングの10位以内にランクインし続けている、恐ろしい会社だ。
大分古い記事になるが、id:essaさんの"理系ナスダック"という言葉にびびっと来た人は下記の梅田さんの日経ビジネスによせたコラムを見ると面白いと思う。


シナジーなき多角化に成功したGE*2


要点を言えば、
『「自分が得意とするたった1つのこと」に個々の企業は集中するというのが現代の株主志向経営の常識にも関わらず、GEはシナジーが全く存在しない非関連事業の多角化を達成し、しかも市場の信認を集め、世界最高の時価総額を維持している。それは市場の監視力をウェルチ氏の経営力が上回っていることに他ならない。
という感じになる。
Googleが「理系ナスダック」なら、GEは「ぷちナイス*3」ということができるだろう。


Google VideoをもつGoogleYouTubeを買収したらそりゃシナジーが働くだろう」という感じる方もいるかもしれないが、Flickrdel.icio.usYahoo!に買収され、それ程シナジーが働いている気もしなければ、働かせようという意図も私にはあまり見えない。
無理に全体最適を追求するよりも、個別最適の集合体を築き、必要最低限な緩やかな連携をすることにより、人的資本効率の最大化を狙うというのが、最近の大手インターネット関連企業の戦略なのではないかと感じている。


「ペイジ・ブリン・シュミットの経営力が、ナスダック市場の監視力を上回ることができるのか?」、その結果として「"理系ナスダック"は"ぷちナイス"GEを上回ることができるのか?」、"理系ナスダック"という言葉を聞いて、そんな興味がむくむく湧いてきた。

*1:本エントリー記載時点で$371.43Bだそうです・・・

*2:どうでもいい余談だが、この日経ビジネスに掲載された梅田さんのコラムを当時学生だった私は読み、「なんて鋭い洞察力なんだろう・・・」と舌をまき、それ以来すっかりファンになってしまった

*3:NYSE = ニューヨーク証券取引所

Creative Commons License
本ブログの本文は、 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示 - 非営利 - 継承)の下でライセンスされています。
ブログ本文以外に含まれる著作物(引用部、画像、動画、コメントなど)は、それらの著作権保持者に帰属します。