ktdiskのブログ

読んだ本の感想、所々の雑感、日々のあれこれを綴るブログ。

アメリカの金曜日のはなし

"Thank God, It's Friday"というのは目前に迎えた週末を祝う慣用句。日本の職場ではあまり、月曜日から木曜日までの平日と金曜日の差を感じないが、ここアメリカでは金曜日はオフィスの雰囲気がかなり違う。「えっ!?」と面食らうことがしばしばあるので、今回はその「えっ!?」を共有してみたい。

 

そもそもオフィスに来ない人が結構いる

金曜日は明らかにオフィスに人が少ない。数えたわけではないので実数はわからないが、平日の2割減くらいであることは間違いない。オフィスが広いので単なる勘違いかとも思ったのだが、駐車場とフリードリンクの動向を見る限り間違いなさそうだ。

私の勤める会社は19階建ての自社ビルを持ち、2階から7階は駐車スペースとなっている。どの階に停めても、必ず1階に降りて8階より上にあるオフィススペースにあがる構造になっているので、当然車は下の階からうまっていく。なので、何時に出社するかで何階に止めることができるかが決まってくる。8時に出社すると3階でも結構がらがら、8時30分だと3階はほぼうまっていて4階まで行かないといけない、9時をすぎると5階までいかないと駐車できない、というのが月曜日から木曜日の話。が、金曜日だけは9時くらいに行っても結構3階に駐車をすることができる、、、。これはオフィスに来ている人が少ないことにほかならない。

また、オフィスには各階にブレークルームがあり、そこに大きな冷蔵庫があり、缶のコーラ、ドクターペッパー、マウンテン・デュー(ソーダはそれぞれ普通のものとダイエットの2種類)、それと無糖の炭酸水が毎日同じ量だけおいてある。健康への意識の表れか、無糖の炭酸水が結構人気で、午後4時を過ぎると全て飲まれてしまい、炭酸水の場所だけがすっからかんになってしまう、月曜日から木曜日までは。が、金曜日となると夕方の6時になってもまだ結構な量の炭酸水が冷蔵庫に鎮座している、、、。やっぱり、来ている人が少ないとみて間違いない、、、。

もちろん、週末と重ねて休みをとっている人もいないわけではないが、殆どは金曜日はWAH(Work at home)という人たちと思われる。

 

15時くらいから人が帰り始める

"Have a good weekend!"とにこやかに金曜日の午後にオフィスを去る同僚たち。時計を見るとまた15時、、、「えっ!?もう帰るの?」という感じだが、金曜日は皆さん帰るのが本当に早い。15時くらいからぱらぱらと人が帰りはじめ、、18時とかになると本当に殆ど人がいない。定時は9時ー18時だと思うのだが、、、。
とある金曜日の午後に会議の通知を受けたことがあり、通知についていたコメントが「Sorry for the late Friday afternoon meeting.(金曜日の午後遅くの会議で申し訳ない)」。急を要するプロジェクトだったので、週末も仕方なしくらいの気持ちでいたが、会議の開始終了時間は15時30分から16時30分。心遣いや配慮は大事ではあるが、別に謝らなくてもいいんじゃないか、、、。終わるの定時の1時間30分前だし。

 

「毎週」金曜日17時まで働くなんて考えられない

私の部署は月曜日の経営会議に備えて、毎週金曜日に各営業部署のフォーキャストをとりまとめるのも役割の一つ。皆、15時くらいに提出してくれるとよいのだが、結構17時までずれこむこともあるし、18時になってしまう時もたまにある(なお、同じ会社の日本法人でやっていた時は土曜日中に提出で、日曜日に1時間ほどかけてとりまとめをしていた)。

そのとりまとめを今までやっていた担当が辞めてしまうことになり、チームの中で誰かがその役割を引き継がなければならない。そうなった際にチームメンバーのアメリカ人が「ちょっと、話したいことがあるんだけど、、、」と相談をしてきた。深刻な顔をしているので、どうしたのだろう、と思って話を聞いてみると、要するに「毎週金曜日の17時-18時に必ず作業の発生するその仕事は絶対にやりたくない」とのこと。

色々「しばらくの間はみんなで持ち回りになるのは構わないけど、、、」、「もちろんチームのために協力はするんだけど、、、」、「毎週でなければもちろん協力したいのだが、、、」というのだが、たまに本音がぽろっともれて「金曜日の17時-18時まで必ず毎週仕事があるのなら、その一点をだけをもって、その仕事には自分はつかないだろう」みたいなことまで言う始末。

「毎週末必ず作業が発生するなら、その仕事はやだ」ならわかるのだが、殆どのケース17時で終わる仕事をそこまで嫌がるんだぁ、と文化の違いを痛感することに。

 

金曜日でも18時から18時30分くらいまでは大体働いている私は、「あいつはWork Life Balanceは大丈夫なのか、、、」と一部の同僚から心配されているみたいだし、ハードワーカーで名高い日本人がマネージャになってしまい戦々恐々としているメンバーもいるみたいだが、私自身は十分にバランスをとっているし、文化の違いを理解して無理難題を言わないようにするのでご心配なく、と強調したい、、、。

 

 

 

アメリカではやっぱり「言わない者負け」、というはなし

先日、引越しをして、インターネットのプロバイダの住所変更の手続きをした私。早速新しい住所に請求書が届いたので中身を見てみると、今月の請求が$83となっている。先月までの請求は$64。内訳を見てみると回線の使用料が$73で、モデムの使用料が$10となっている。今まで請求されていないモデム料金が課金されるだけでなく、速度は変わらないのに値段が$64から$73に$10ほど上がっているので、しぶしぶながらカスタマーサービスに連絡をすることにした。

カスタマーサービスの電話対応はあまり心地良いものではない。電話をかけると回線が一杯です、とか音声が流れて15分くらい待たされることになるし、おまけに面倒な客と思われると別の担当者に何の引き継ぎもなくたらい回しにされることが多い。
電話対応のところが多いが、私の契約しているプロバイダーは、ブラウザからチャットを使って問い合わせをすることができる。これが中々レスポンスも良いので今回の件を問い合わせることにした。

私「引っ越す前は月々の請求は$64だったのに、急に請求が$83にあがったのだけど、何かの間違いではないでしょうか。確認お願いします。」

Dale 「こんにちは、大変おまたせしております。ご懸念の点につきまして、貴重な時間を頂戴しありがとうございます。すぐに確認しますので、今しばらくお待ち下さい」

問い合わせた2秒後くらいに直ぐにレスポンスがきて、しかも大変丁寧な対応。これは期待できるかも。

私 「Daleさん、素早い対応ありがとうございます!」

とすかさず返信をする。カスタマーサービスは、毎日クレームやら意味不明な問い合わせを山のように受けるタフな仕事なので、色々物事をスムーズに進めるためには、こちらも優しく、敬意をもって接するのが大事。名前を直接呼びかけるのも親しみをこめる意味ではとても良い。何十回もやりとりしているので、この手の小技も大分駆使できるようになってきた。

そして、相手の確認作業を待つこと1分程。予想もしなかった驚きのメッセージを受けることになる。

Dale 「大変お待たせしております。ただいま、お客様の月額料金を$49に変更させて頂きました。今後、12ヶ月間のみのプランとなります。ご確認宜しくお願い致します。左上の封筒マークをクリックするとこのチャットをお客様のメールアドレスに送信頂けます。」

えっ!?何かよくわからないけどいきなり値段が下がった。普通、「調査した結果、こういう間違いがありました、申し訳ありません、正しい価格の$64に修正させて頂きました」とか、事情の説明があるだろう。
それをえっ!、説明をすっとばして、いきなり値段だけが今まで以上にガツッと下がり、しかも問い合わせのクローズモードに入っている、、、。事態がよく飲み込めない中、「下がったし、これ以上突っ込むのも面倒だからいいか」という気持ちと「いや、後々のこともあるからもう少し把握したい」という気持ちの間で揺れ動いたが、後者が若干勝り、何とか質問をタイピングすることに。

私 「えーと、何か間違っていたの?」

Dale 「お客様に適用されていたプロモーション期間が終了したための価格上昇であったようです。私が新しいプロモーションを適用させて頂き、新しい価格は$49でございます」

文字からひしひしと伝わってくるドヤ顔感。。。が、以前プロモーションを適用してもらった記憶もないし、そもそも下り15mbpsで$83とかありえないし(まぁ$64も日本の感覚ではめちゃくちゃ高いが、、、)、納得がいかないことが多い。。。
ここで、「来年のプロモーションが切れる頃、もう一度問い合わせればいいことだから、まぁいいか」という気持ちと「いや、もう少し白黒はっきりさせたい」という気持ちで揺れ動くことになる。が、今度は「まぁいいか、、、面倒くさいし、、、」という前者の気持ちが後者を寄り切ることに

私 「わかりました、対応どうもありがとう」

Dale 「他に本日何かお手伝いできることはありませんでしょうか」

私 「いや、特にないです」

Dale 「それでは、本日は貴重がお時間を頂きありがとうございました。」


結局、突っ込んで聞かなかったので真相はわからないのだが、単なる値上げであり、問い合わせをしてきた顧客にだけ対応をしようという作戦なのではないだろうか。もうちょっと突っ込んで聞いても良かったけど、全方位に日本の感覚を適用していると疲れるので、引き際もある程度は大事かと、、、。
それにしても、ちょっと問い合わせをしただけで月額$34も値下げになるというのはどういうことだろうか、、、。「言った者勝ち」というより「言わない者負け」というアメリカ社会の現実に幾度となく直面して、鍛えられてきたが、今回の経験で思いを強くすることになる。言って、言って、言いまくって、負けないように頑張ろう、、、。疲れる社会だ、、、。

アメリカで住宅ローンを組んだらやっぱり大変だったはなし

今月の頭にアメリカに家を購入した私。当然、現金でポンっと買うような資金力はないので、住宅ローン(いわゆる英語で言うところのMortgage)を組んだわけだが、案の定手続きで四苦八苦する羽目に。今回はその経験を共有したい。

 

アメリカで住宅ローンを借りる場合、銀行から直接借りる方法とブローカー(仲介人)を通して銀行から借りる方法のいずれかが選択できる。Wikipediaで調べたところによるとアメリカの住宅ローン市場では、68%のローンはブローカーを経由するようで、銀行直接よりも主流らしい。不動産屋から中国人のTony(中国人は大体アメリカ式の名前を本名とは別にもつ)というブローカーを紹介されたのだが、どうしても「ブローカー=仲介業者=マージン沢山とる」というイメージがあり、ブローカー職の胡散臭さが拭いきれない私。

思い返せば、私がMortgage Brokerという言葉に初めて出会ったのは高校受験の時で、その難解な単語はZ会(古い?)の英語の文章題に出現した。住宅ローンなんて世界と縁遠かった高校生には今ひとつ何のことかわからず、先生から「いわゆる住宅ローンの仲介業者だよ」という説明になってないような説明を受けて「ふ〜ん(さっぱりわからん、、、)」と感じた記憶がある。「Mortgage Broker=謎で少し胡散臭い」という等式はきっと高校受験の時に確立されたのだ。

 

私はアメリカでWells Fargoという大手の銀行に口座を持っている。この銀行は素晴らしい銀行だ。どんなに些細なことを相談をしても、行員がいつも親身になって懇切丁寧に対応してくれる。人出をかけないオンラインバンクとかのほうが利率はいくばくかよいかもしれないが、慣れない異国では、雀の涙ほどのわずかな利率の違いよりも、親身になってサポートしてくれる人の存在のほうが大事だと思う。渡米当時にオンラインバンクの口座登録でひどい目にあって(その話は別途、、、)以降、私はすっかりWells Fargoのファンになってしまった。住宅ローンは、心の奥底で胡散臭いイメージが拭いきれないブローカーよりも、Wells Fargoで借りれたらいいなぁ、と検討当初から思っていた、というか決めていたのだ。きっと。

 

購入する家がいよいよ決まり、頭金の金作も何とかでき、住宅ローンを組む具体的な手続きを始めたのは6月15日。売買契約の実行日が8月6日で、その日に銀行から売主に家の代金を払ってもらわなければならない。なお、7月4日から7月26日まで日本に一時帰国することになっていたので、時間に余裕が殆どない。

複数の銀行やブローカーから相見積をとり、お目当てのWells Fargoからも他と遜色ない利率や条件が提示された。担当のDavidも非常に優秀で、借りる側の立場になって裏技も含めて一番、金利負担が少なくなる方法を色々教えてくれ、信頼できる人だったので、Wells Fargoで住宅ローンを組むことに晴れて決定した。

 

事前審査も通り、6月19日から実際の手続きに入ることになったのだが、それなりのお金を借りることになるので、当然山のように書類を提出しないといけない。慣れない英語の銀行用語と格闘しつつ、7月4日の一時帰国まで、事務手続きの窓口となるPhillis女史というMortgage Associateに、確定申告の書類群、不動産の売買契約書、個別の自作の書類まで、山のような書類を用意作成し、サインし、スキャンし、送付することを繰り返すことに。求められた書類を何とか全て用意し、「他に提出する書類があったら直ぐに教えて」と書いたメールにも特に返信はなく、安堵感と共に日本に旅立つこととなった、、、。

 

日本に一時帰国している際中も、手続きは順調に進んでいるのか少し気になっていたのだが、あれやこれやと帰国中は忙しく、仕事でバタバタして帰国の日も7月26日から29日に延期になってしまったりして、十分な確認とフォローができずにいた。帰米直前の7月28日にDavidに「特に連絡がないけど、何か追加で対応しないことがあれば、直ぐに連絡頂戴」とメールを送ると、直ぐに「何かあればHome Loan ProsessorのSylviaから連絡するから」という返信がきた。「あれ?書類関係はPhillisじゃないの?」と一瞬不安がよぎる。アメリカは大体担当が変わると担当間での引継ぎが十分ではなく、逆戻りすることが往々にしてあるからだ。

 

帰米のトランジットの空港でSylvia女史から「以下の4つの書類がないから至急送って欲しい」というメールが届き、不幸なことに私の予想が的中することに。ちなみに、そのうちの2つは既にPhillis女史に提出済みのはず、、、。他の二つについては、一つは初めてみるサインだけすれば良い書類、もう一つが”Home Owner Insuranceの会社の担当のコンタクト先”というもの。こいつが何のことか全くわからず、電話して聞いてみると、どうやら、日本で火災保険や地震保険に入るように、アメリカでもローンを組む際には家に保険をかけないといけないようで、その保険会社の担当の連絡先を提出せよ、とのこと。連絡先も何も全く手続きをしておらず、言われてみればそうだけど、「もっと早く言ってよ、、、」って感じ。泣き言を言っても仕方ないので、複数の保険会社から直ぐに見積をとり、何とか7月31日(金)に手続きを完了させた。

 

保険の手続きをやっつけると息をつく間もなく、Sylvia女史から週開けの8月3日(月)の夕方に、追加で5つの書類が必要だから提出するように、とメールが届く。必要な書類は、日本の保有不動産の保険証書、ローン完済証明書、所得税納付書、管理費の証憑、そして今回購入する不動産の契約書。「8月6日(木)が契約日なんですけど、それを今言う?しかも、不動産の契約書なんて6月に出してるんですけど、、、」って感じだが、文句を言っている暇なんてないので、とにかくスキャンしてがしがし書類を送りまくる。

 

Sylvia女史だけだと今ひとつ不安なので、8月4日(火)朝にDavidに電話をして「8月6日(木)を前にして、何かここにきて大分前に出した書類に山のように物言いがついてんだけど、助けて」とヘルプを頼む。そして「日本の保有不動産の書類なんて日本語しかないよ」って付け加えると、案の上「英語版ない?ないと翻訳に回さないといけなくて、すっげー時間かかるんだけど」と突っ込まれるがそんなものあるわけがない。。。ないものはないので、「ない」と答えると「わかった、何とか頑張る」とDavid。君だけが頼りだ。

 

再提出を求められた今回購入する不動産の契約書のほうにも、やれここにイニシャルがないとか、サインが不明瞭とか、山のように物言いがつく。契約書に原本という概念はなく、相手がサインしたものがこちらにPDFで送られてきて、それを印刷して、こちらがサインをして、スキャンをして、メールでPDFを送付というのがアメリカ式の用で、売主もがっつり巻き込んで往復書簡を繰り返すことに。

そうこうしているうちに、Davidからまたまた電話がきて、「8月6日(木)の弁護士事務所でのアポは何時から?できる限り後ろに延ばして!」と依頼がはいる。土俵際いっぱい感が漂う。まぁ、言われる前から当初朝11時だったものを、マックス後ろの16時に変更していたが、、、。

 

上記以外にも6月提出済みの確定申告の書類などの再提出を求められながら、8月5日(水)夕方にはようやく全ての書類を送り終える。Sylvia女史からは「これが最後だから」と言われたが、今ひとつ確信がもてない。。。でも、やることはやったので後は待つしかない。成約の日にローンの手続きが間に合わなかったらやっぱり違約金とか払わないといけないのかしら、と思い、契約書を見ようと思ったが、もうじたばたしても仕方ないので、銀行からの知らせを待つことに、、、。

 

日本に一時帰国していたこともあり、アメリカでの仕事もたまりにたまっており、仕事も多忙を極めるが、契約日の8月6日(木)は朝から手続きが無事終わるのか、落ち着かない時間を過ごすことに。Davidからは「昨晩には手続きは全て終わったので大丈夫だ」と早朝にメールがきたが、弁護士事務所からは「いや、銀行からは何も連絡ないよ」というつれない連絡がきて、気が気ではない。が、13時頃にようやく、弁護士事務所からOKの連絡がはいり、無事16時からの最終手続きに進めることになる。まぁ、会社で期末のぎりぎりまで案件を追いかけるのに慣れているので、いつも通りと言えばいつも通りではあったが、際どい勝負を何とかものにすることができた。

 

無事、予定どおりの日付に契約を終えることができ、新しい家を手にすることに。銀行と売主の間に立ち、手続きのスピードアップに駆けまわってくれた不動産屋とがっちり握手をした際に、皮肉交じりに言われたのは「銀行と直接やるからこういうことになるんだ、ブローカーを通せばもっと楽なのに、、、」ということ。「えぇ!?そうなの???」という感じ。後から色々調べてみると、ブローカーは面倒な銀行との手続きをかなり引き受けてやってくれるようで、手続きもブローカー経由ならもっと楽だったらしい。早く言ってよ、、、という感じだが、私の調査不足なので仕方ないし、今回の経験を通してアメリカでの生活力がまたあがった気がするので、よしとしたい。

 

以上、アメリカで住宅ローンを組んだらやっぱり大変だったという話でした。続く。

【急がば回れ】中長期的なキャリアアップのために“短期的なキャリアダウン”を受け入れる勇気

 リクナビネクストジャーナルさんに寄稿させていただきました。「中長期的にキャリアップを重ねていくには、短期的なキャリアダウンを勇気をもって受け入れ、地力を養うことが大事」、という私のキャリア観の紹介になります。

■ キャリアアップとは「“働く”ことへの自由を得ること」

“キャリアアップとは何か” と聞かれたら、「専門性、収入、職位の全て、もしくはいずれかを高めて、“働く”ことへの自由を得ること」と、私は答える。専門性、収入、職位を高めることそのものは目的ではなく、仕事の内容、労働時間、働く環境などをより自由に選択できるようになることが大事だと私は考える。

■ キャリアアップのために「キャリアの踊り場」を作る

私は新卒の頃から外資系企業に勤めていたので*1、キャリアアップを志向する人が周りにたくさんいた。また、100名以上の中途採用の面接をしてきたなかで、キャリアアップを志向するいろんなタイプの人と会う機会に恵まれた。

自らもキャリアアップをしつつ、また、多くのそういった人と触れる過程で、最近強く思うことが一つある。それは、今の自分の延長線より、もう1~2段上にキャリアを押し上げていくためには、キャリアダウンを思い切って受け入れることがとても大事、ということだ。私はそういう行為を「キャリアの踊り場を作る」と呼んでいる。(続きはこちらから)

 

next.rikunabi.com

 

 

バックドロップに見るアメリカの自動化

昨年あたりから自動入国審査端末なるものがアメリカで導入が進んでいる。アメリカの入出国というと、入国は非常に厳格で厳しく、出国はいつ出国したか気づかないくらあっさりという「行きはこわいが帰りはよいよい」形式というイメージを持っていたので、ESTAに限っているものの入国審査を自動化するというニュースには少し驚いた。どういう検討経緯があったかわからないが、こういう反対意見が噴出しそうな領域でも「まぁ、まずはやってみようぜ」的な感覚で思い切って進めるのはアメリカ式のように思う。
先日の日本出張からのアメリカへの戻りで100名以上いた日本人旅行者がESTAマシンのパワーでさーっといなくなったのには驚いた。導入の効果がかなりでている模様。もっともESTAマシンの導入に伴い、きちんと入国審査官の人員を削減したのか(そういうところはしっかりしている)、VISA保持者向けの入国審査官はたった一人しかおらず、私は40分近く待たされたが、、、。「もう少しバランスとってよ、、、」って思うが、その辺の雑さもアメリカ、、、。

最近は日本でもセルフレジが多くなってきていると聞くが、大きなスーパーにはアメリカでは必ずセルフレジがある。バーコードのついてない野菜を沢山買う時は、Green Onion 1201、Broccori 1314みたいな感じにそれぞれにつけられているコードを入力しないといけなく面倒なので有人レジに行くが、野菜を買わない時はセルフレジのほうが手っ取り早くて便利。
まぁ、正直アメリカのほうが誤魔化したりする人が多そうなのに、何でこんなにセルフレジが浸透しているのか疑問に思う部分もあるが、「誤魔化しで生じる損失より、人員削減でカットできるコストのほうが大きい」という冷徹な割り切りがあることが容易にうかがえる。

なお、アメリカの自動化で一番衝撃を受けたのがゴミ収集車。言葉で説明するよりも映像をみたほうが早いので、下の動画をみて頂きたい。

youtu.be



別名バックドロップ(多分そんな呼び方をしているのは、子供の頃にプロレスをよく見ていた中年の日本人おっさんだけだと思うが)。この豪快さは正にアメリカ。ゴミ箱の中に少しゴミが残ったらどうしようとか、蓋が閉まってないとか、そういう考慮は一切なし(殆ど残っていることはないが)。私の住むノースカロライナ州はそもそもゴミの分別もリサイクルか、リサイクルじゃないかしかないので、日本と比べるとかなり大雑把。

何を自動化するかしないか、それをどうやって自動化するかは結構お国柄があらわれると思う。日本は微に入り細に入りの鉄壁の職人技的な自動化が多いが、アメリカはがつっとやってみて、自動化で拾いきれないものは、合理的に切り捨てる大胆さがあるように思う。まぁ、それぞれ一長一短だが。

アメリカで痩せ、日本で太る人たち

アメリカの生活と言うと、運動しない、食事のカロリーが高い、よってもって太る、というのが日本人のステレオタイプのよう。一時帰国した際に、久しぶりに会う人は、大体私の足から頭の先までをさーっと見る。そして、変わらない私の体型を見て、期待が外れたかのように「あまり体型変わっていないね、、、」とコメントをされることが多い。流されるとあっと言う間に体重が増えそうなので、細かな工夫を重ねて体重をキープしている身としては、「はっはっは、期待通りに太ってたまるか」と、そういうリアクションをされるたびにほくそ笑むのである。

でも、アメリカに多くの日本人の知り合いがいるが、こちらに来てから目に見えて目方が増えたという人は少ないように思う。もちろん、期待に応えて急激に太る人、じわじわとボディーブローのように微増を重ね続ける人も確かにいるが、それなりに体重をキープし、どうにかやりくりしている人が大多数のように感じる。私も含めてそういう人が血のにじむような努力をしているのかというと決してそういうわけではなく、少し気をつければ、それほど体重を維持するのは難しくないと感じる。

運動について言えば、車社会なので生活の中に運動が組み込まれていない(最寄り駅まで歩くとかいう概念がそもそもない)というマイナス面はもちろんある。家のガレージとオフィスの駐車場を単純往復し、デスクワークにふけると、一日の歩数が二千歩で終了してしまう。その一方で、テニスやゴルフやランニングのような運動は日本より10倍くらいしやすい環境にあるので、うまく環境に適合できれば、一定以上の運動時間を確保・維持するのはさほど困難ではない

食事も、年のせいかチーズ+マヨネーズ+肉といった脂っこいものを体が受け付けなくなっているし、こてこてのファストフードも元々あまり好きではないので(そもそもアメリカのファストフードは客層があまり宜しくなく少し怖いのであまり近づかない)、外食でカロリーを過剰摂取するということもそれ程ない。そもそも論で言えば、アメリカの外食は高い割には美味しくないので、外食の頻度は私はあまり高くない(夜は運転を気にせずお酒も飲みたいし)。日本人が旅行でアメリカにくれば、やれ本場のステーキ、ピザ、ハンバーガーとなるかもしれないが、アメリカでいざ生活してみるとそういう食生活を日常的にとる人は少ないのではないだろうか。

かくして在米日本人はどうにかこうにか体重をキープするのだが、面白いことに日本に2−3週間一時帰国すると、逆に2−3キロ体重が増えることが殆ど。私も昨年夏に日本に3週間戻った時はきっちり3キログラム増量したし、他の人の話を聞いても一時帰国後は大体皆さん口をそろえて「いやぁ、やっぱり太っちゃったよぉ」と言う。何故か、それは食べ物が美味しすぎて食べ過ぎてしまうから

一時帰国の目的は、子どもの現地校の夏休みの間、日本の学校に通わせるとか、家族、友人に久しぶりに会うとか、色々あるが、本音を言えば目的の半分以上は食事なんじゃないかと思う。仕事で日本に出張に行くことなった時に「久しぶりに家族や友達に会えて良いわね」とか言われたことないが、皆「(会社のお金で日本に帰れて)美味しいものが食べれていいわね」と口々に言う。お土産に個包装のラーメンなんかをあげた時は、神扱いされる。かくして、アメリカで何とか体型を保っている人も、日本に帰国した際は、普段食べれない美食を心ゆくまで堪能し、体重を増量させ、アメリカに戻った後にダイエットに勤しむのである。

なお、私の職場で隣の席に座っている女の子。アメリカ生活が十年以上と長いが、実はブルガリア人。アメリカの甘いケーキ大好き、スナック大好き、という典型的なアメ食型移民で、アメリカにきて15キロ太ったという強者。が、故郷のブルガリアに戻った際はやはりさらに太ってしまうらしい。母国に戻ると太っちゃうよねという話で盛り上がり、前回の昨年の一時帰国で3キロも太っちゃった、と言うと、怪訝な顔をする彼女。そして、「えっ!?それだけ、私6キロも太っちゃった」と。・・・、あなた確か前回の一時帰国3週間でしょ、、、。やはり油断ならないアメリカ。私はやはりこちらでは体重をキープ、並びに減量させようと心に誓うのである。

アメリカの「お役所仕事」のはなし

いわゆる「お役所仕事」のことを英語では「Red Tape」という。そういう言葉があるくらいだから、当然役所の手続きというのはアメリカでもご多分にもれず手強い。アメリカに移り住むにあたって、様々なお役所のお役人と格闘してきたが、「最強の相手は誰だったか?」と聞かれたら、迷わず税務署(IRS)と答える。またまた与太話だが、どのくらい手強かったかを紹介してみたい。


「一回しか言わないからよく聞けよ」

アメリカのお役所の待合室というのは人種の坩堝だ。白人、黒人、ヒスパニック系、アジア系と本当に色々な人がいる。アメリカの全人口3億人に対して、外国人人口が4千万人ほどいるというのだから、それもうなずける。言語の壁がある人が少なくないのだから、お役所で何か案内する時にゆっくり、はっきり話してくれると有り難いのだが、残念ながらそんな容赦はない。その代わり、係の人がきて注意事項などを待合室で連絡する際は、必ずお決まりの文句から始まる。


「おい、お前ら("Hey guys"が私にはそう聞こえる)、私は一回しか言わない。いいか、一回しか言わないから、お前ら注意して良く聞けよ」


政府の方針でもでているんじゃないかってくらい、どのお役所でも案内の出だしはこれだ。
おいおい、何様のつもりだよ国民の血税で雇われているくせに、なんて難しいことは英語で言えないので、聞き逃さないようにただただ一生懸命聞くしかない。お前ら覚えてろよ、と心の中でつぶやくくらいの、ごくごくささやかな抵抗しかできないのが何とも口惜しい。


「今週は一人休暇、一人研修」

詳細は割愛するが、二人の子どもの納税者番号(ITIN)というものを取得しなければならなくなった。いくつかの方法があったが、本人たちを税務署に連れて行って手続きするというのが一番よさそうだったのでそうすることに。もちろん平日しかやっていないので、子どもは学校を午前中お休み。少し出遅れてしまい、11時頃に税務署に到着。受付のカウンターで納税者番号をとりたい旨を伝えると、

税務署の係「あ、午前中の受付はもう終わったから午後またきてくれ」

私「えっ!?午前の業務は12時までで後1時間もあるよ、もう終わりなの??」

税務署の係「もう一度言うが、午前中の受付はもうおしまい、午後にきてくれ」

という感じで、とにかく午後にまた来いの一点張り。

私「じゃぁ、午後にまた来るから、整理券をくれない」

税務署の係「整理券の機械はもうしまっちゃったから無理、午後きた時に渡すから」

と、とりくつしまもない、、、。

「えぇ、子どもは午前中だけ学校を休ませる予定だったのにぃ」、と思ってももう遅い。仕方ないので、「今日は学校にいかなくていい!」と喜ぶ子どもを連れて、早めの昼食をとる。午後の業務は13時開始なので、少し早めの12時45分くらいに税務署にいくと、そこには既に7-8名の列が。きっかり13時に受付が開始し、ようやく整理券を取得。そこから待つこと30分ほど、子どもも流石に飽きてきて手がかかり始めた頃に、係の人がやってきて、いつもの枕詞で案内を開始する。

税務署の係「おい、お前ら、私は一回しか言わない。いいか、一回しか言わないから、お前ら注意して良く聞けよ。今週は一人休暇をとっている。そして、もう一人は研修に参加をしている。だから、人手不足なんだ。で、今日納税者番号をとりにきたヤツはいるか?」

14-15名が待つ待合室で私だけが恐る恐ると手をあげる。

税務署の係「今日はここでは納税者番号は発行できない、ダーラム(別の市)の税務署に行け」

私「えっ!?子どもを学校休ませてきてるので、今日どうしても手続きしたいんだけど」

税務署の係「もう一度言う、今日はここでは納税者番号はだせない、ダーラムの税務署に行け」

私「そもそも午前中に来て、午後に来いって言われたから、再度きたんだけど」

税務署の係「(大きなため息)もう一度言うけど、今日はここでは納税者番号はだせない」

私「じゃぁ、ダーラムの税務署に言ったら必ず処理してくれるのか?」

税務署の係「そんなことは私にはわからない」

一切悪びれることなく待合室の人数を減らすのが私の仕事だと言わんばかり。。。小さい子どもを二人連れて途方にくれる私に対して周囲の方の哀れみの視線がつきささる。怒りと徒労感で立ちすくむ私に待っている方たちの一人が「場所と電話番号わかる?もしわからなければこれをもっていきなさい」と別の市の税務署の住所がのっている紙を渡してくれた。見ず知らずの人に対する優しさで溢れているのがアメリカの良いところ、心が少しだけ癒される。その人に「ありがとう」と言って仕方ないので急いでダーラムという別の市にある税務署に行くことに。


やっぱり「今週は一人休暇、一人研修」

車を走らせること40分ほどのところにある別の税務署に14時30分くらいにようやく到着。調べたところ16時30分までやっているということなので、何とか間に合うかと一縷ののぞみをかけて受付に行っていざ手続き開始。

私「納税者番号をとりにきたんだけど」

税務署の係「あ、今日の受付はもう終わったから」

がーん。秒殺。おいおい、16時30分までのオフィスアワーで14時30分で受付もしてくれないってありえないでしょう。

私「何言ってんの、後2時間もあるじゃん」

税務署の係「あのな、今週は一人休暇中で、一人研修に行っていて、人手不足なの」

私「(お前のところもかよ、、、)ラーレーの税務署に行って、こっちならやってくれるというから来たんだ」

税務署の係「そんなことを言われても、オレはしらないよ、今日はダメだから明日の朝こい」


むむむ、許せねぇ、この怒りをどうしてくれようか。アメリカは縦割り社会なので仕方ないのだが、大体この一切悪びれずに言う態度も気に入らいないし、2日連続で子どもを休ませるのも困る。


私「じゃぁ、明日の朝にきたら、"必ず"処理してくれるのか?」

税務署の係「いや、絶対できるなんて言えないよ、ま、ギャンブルみたいなもんだ」


おいおい、お役所の手続きがいつからギャンブルになったんだ。ダメだこいつでは話にならない。と、怒り心頭のところに、受付のおにいちゃんではなく、背広をばりっと来た署長風の女性が通りかかったので、受付を無視して、その人にチャレンジをすることに。

私「すみません、納税者番号をとりにきたんですが、ラーレーのほうに行ったらこっちで処理してくれるって言われたからこっちにきて、子どもを学校休ませているので、何とか今日とれないでしょうか?」

署長風の女性「あぁ、今週はね、一人休暇中で、一人研修に行っていて、人手不足だからできないわね

私「それはわかるけど、何とかやってもらえないだろうか」

署長風の女性「納税者番号の手続きは一番大変なの、明日の朝くるしかないわね」

私「、、、じゃぁ、明日の朝きたら必ずやってくれるのか?」

署長風の女性「まぁ、絶対にできるなんて言えないよ(Nothing for sure)」

おそるべきこの一貫性。しつこいアジア人よ、わかったか!、という受付のお兄ちゃんのあきれ気味の視線がつきささる。今日はもうダメだ、、、とにかく明日につなげようと。

私「わかった、明日の朝一でくる、朝一で来るから必ずやってくれよ」

わからんやつだ、、、と肩をすくめる二人。子どももさすがにただならぬ雰囲気を察し、「つまらない」、「帰りたい」などの文句も言わない。

私がいよいよあきらめて帰ろうとする時に、税務署の入り口から一人の女性が入ってきた。きっと彼女も何かの手続きがあるのだろう。どうせ無理なのに可哀想に、、、と思いながら、耳にはいったやりとりが、

女性「今日〜の手続きをしたいんだけど」

税務署の係「あ、今日の受付はもう終わったから、明日きてくれ」

女性「あらそうなの?教えてくれてありがとう、また明日くるわ」

えっ!?そんな軽くあきらめるの??何というおおらかさ。おまけにお礼まで言っている。食い下がる私の方が間違っているのかと錯覚するくらいのあっさり風味、、、。こういうお役所の対応に皆さん慣れているんですね、、、。と2連敗をきっしたショックをかかえ帰路につくことに。


3度目の正直なるか!?

朝8時30分受付開始ということなので、気合をいれて30分前に。秋にさしかかる頃で朝はなかなか冷える。本日も子どもを二人連れてやってきました、ダーラムの税務署に。私より気合のはいった人が一人いて、あえなく二番手になるも、さすがに二番目ともなれば、16時30分までには処理してくれるだろうと「淡い期待」を抱く。はい、前日の二連敗がきいて、覚えた期待感は大変「淡い」ものでした。
待つこと30分。合計7-8名の人が早朝の税務署に列をなす。時間通りに扉があいていざ受付へ。昨日のおにいちゃんが、「お、来たな」という感じで淡々と整理券を渡す。並んでいた全員が整理券をもらい、待合室で神妙な面持ちで鎮座する(神妙な面持ちは私だけだったかもしれないが、、、)。
そして、中に入って5分くらいたった頃に、昨日の署長風の女性が待合室にやってくる。待合室を見回し、朝の一番初めの案内を開始する。

署長風の女性「いいか、お前ら。私は一回しか言わない。一回しか言わないから、注意してよく聞けよ

私 (はいはい、注意して聞きますよ、、、)

署長風の女性「今週はだな、一人休暇をとっていて、」

私 (知ってるよ!もう一人は研修に参加しているんだろ!)

署長風の女性「一人研修に行っているので、とにかく人手がないんだ」

一体今回何度聞いたであろうか、というお決まりの科白を聞いた後に、思わず緊張のあまり唾をごくりの飲み込む私。そして、署長風の女性が続けた衝撃の一言は、、、。

署長風の女性「ところで、今日、納税者番号をとりにきたヤツはいるか?」

年のせいか最近穏やかになった私。腹がたつことはしばしばあるが、キレるなんてことはここ数年数えるくらいしかない。が、その女性の言葉を聞いた瞬間、はい、珍しくキレました。座っていた椅子が後ろに倒れそうになるくらいの勢いで、怒りで、がっ!と激しく立ち上がり、怒りで肩を震わせながら詰め寄ろうと前に進もうとする私。怒りで体が勝手に動くなんて本当に何年振りだろう。

烈火の如く怒れるアジア人に対し、落ち着き払い声をかける署長風の女性。

署長風の女性「待て待て、まだ話の途中だ。お前は、昨日来てわあわあ騒いでいったヤツだろう。」

無言でうなずく私。

署長風の女性「いいか、お前は納税者番号だろ、お前のは、やってやる」

と言い放ち指で、まぁ落ち着いて座れと指示をする。

署長風の女性「で、こいつのほかに、納税者番号をとりにきたヤツはいるか?ま、いてもできないんだけど」

幸いなことに、他に不幸な方はいらっしゃらなかった模様。しかし、どんだけ大変なんだよ、納税者番号、、、。

なお、私が、子ども二人分の納税者番号の処理が必要ということで、並んでいた3番手以降は「その整理券もって午後に来い、納税者番号を2つとるやつがいるからな」、と言い放たれる。。。「何だよ私が悪いのかよ?」という感じではあったが、何とか手続きをしてもらえることに。


それにしても、前日税務署にきて、泣き寝入りしてすごすごと引き下がっていたら、一体どうなったのだろうか。この日も「あ、納税者番号は無理だ」って一蹴されて終わりだったのではないだろうか、、、。やはりアメリカはプッシュプッシュしまくって、自己主張しないと物事が進まない社会なのだと、再認識したのであった。

Creative Commons License
本ブログの本文は、 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示 - 非営利 - 継承)の下でライセンスされています。
ブログ本文以外に含まれる著作物(引用部、画像、動画、コメントなど)は、それらの著作権保持者に帰属します。